agaは中年以降から見られる薄毛!?いいえ若くても発症します


若ハゲの多くはagaです

若くしてハゲてしまう場合、その多くはagaだと考えてください。稀に過剰なストレスやトラウマなどが引き金で薄毛になることがありますが、この場合は全体的に薄くなります。agaの特徴は非常にわかりやすく、薄くなる部位と髪が多い部位が明確にわかれることです。例えば頭頂部はツルツルになっているのに、側頭部や後頭部はフサフサの状態にあるなら、agaの可能性が高いでしょう。若ハゲの怖いところは薄毛が早く始まることで、30代でツルツルになる人もいます。agaは若くてもなると認識することが、対策を遅らせないポイントです。

バランスの悪い食生活は見直そう

普段からバランスのよい食生活を続けていれば、毛周期の乱れを抑えることができます。aga対策といえばサロンでの施術、育毛剤の使用などを連想するかもしれませんが、日常のケアも欠かせません。agaには少なからず生活習慣が関係しているので、生活習慣病と考えることもできます。食生活を改善するためには、毎日3食を基本にすること、品目数を増やすことがポイントになります。aga対策のためにはできれば1日30品目以上を目指したいです。

毛髪診断士のいる育毛サロンを

毛髪診断士の資格を有するエステティシャンなら、最適なaga対策を提案してくれます。顕微鏡で髪と毛根の状態をチェックし、薄毛の種類や進行度合いなどを診断するのです。男性の薄毛は多くがagaですが、稀に円形脱毛症やストレス性の脱毛なども見られます。毛髪診断士は最適な育毛グッズの選択もしてくれるので、シャンプーや育毛剤選びで困っている人は相談してみましょう。

agaを横浜で治療できるクリニックは数多くありますが、治療費が明示されているところを選ぶこともポイントの一つです。