自然のままでは止められない!agaには対策が必要


男性が元々持っているホルモンが変化させられてしまう

agaとは男性型脱毛症のことで、すでに原因は判明しています。男性の下腹部にはテストステロンという男性ホルモンを生み出す器官があります。テストステロンは血液を生み出したり筋肉増大に繋がるなど、男性の成長にとっては欠かせません。男性が女性よりも筋肉が付きやすい性質なのは、そのテストステロンが多いのも大きな理由です。しかしそんなテストステロンは、体内で5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、DHTという頭髪脱毛を促進させてしまう別のホルモンへと変化してしまいます。そのテストステロンからDHTへの流れがagaの症状で、すでに身体の機能として組み込まれてしまっているわけです。なので自然の状態でaga対策をするというのはとても難しいです。

フィナステリドで酵素の働きを阻害!

agaは原因がはっきりしていると共に、すでにある程度の治療方法もできあがっています。対処するのはテストステロンをDHTに変化させてしまう5αリダクターゼ酵素で、フィナステリドという成分が働きを阻害します。つまり男性にとって重要なテストステロンには影響を及ぼさず、頭髪脱毛を引き起こしてしまうDHTのみを減らせるというわけです。またフィナステリドだけでは脱毛を抑制することしかできないので、発毛を促進する別の方法と組み合わせることがあります。ただフィナステリドの効果は服用を続けている間だけで、服用前にすでにagaの脱毛症があった人は、服用を止めるとまたDHTが作られるようになります。なのでagaの症状を引き起こしたくなければ、フィナステリドと長期的に付き合うことになります。

agaを京都で診察している男性向けの美容皮膚科は、塗り薬や飲み薬による基本的な治療はもちろんのこと、発毛効果を期待できる最新型の医療機器を取り入れているところも多くあります。