どんな効果や副作用があるのか?知っておきたいボトックス注射


ボトックス注射の効果

ボツリヌス菌と呼ばれる毒素を生成して作られた製剤を利用し、美容医療に活用しているのがボトックス注射です。筋肉の収集を抑える働きを生かしてアンチエイジングや小顔、多汗症などの改善につなげています。実際に様々な効果がありますが、効果と副作用について知っておくといいでしょう。
効果として知られているのは、筋肉の収縮を抑える働きを生かした小顔への変化やしわ対策です。えらが大きく見える人向けにえらの筋肉に注射して小顔に見せることが可能となっています。シワは表情筋が動いた結果発生し、とれなくなってしまうものです。そのため、ボトックス注射によってしわが動かないようにすることで、しわ対策につながるでしょう。また、ふくらはぎだけ異常に筋肉が発達した人の筋肉を抑えたり、アポクリン船の活動を抑制して多汗症解決につなげることも可能です。

ボトックス注射の副作用

アンチエイジングや多汗症に効果があるボトックス注射ですが、副作用があります。副作用を確認して治療を行うかどうか決めてください。まず注射を打つ人によって、痛みや内出血があることです。注射を打つ人の技量によってとても痛く感じることや、打った後が2週間も内出血しているということもあります。
また、打つ部位や人によって頭痛を発症することもあるため、注意してください。ただし、頭痛持ちだった人が注射したところ、頭痛の解消があったと報告された例もあります。表情がこわばったり、打つ場所によって筋肉が動きにくくなるなどの副作用も少なくありません。また、多汗症の注射で打ったところは汗が出にくくなったけれど、まれに他の部位から大量の汗を確認したとの報告もあります。

ボトックスは筋肉をリラックスさせる薬剤を注入する治療法です。目元や眉間などの表情じわや多汗症の改善、肩こりにも効果を期待できます。